会社の年賀状こそ早割

勤め先で年賀状印刷を担当する場合、いつごろから準備をするのがいいのでしょうか。ついつい忙しいので後回しになりがちな年賀状印刷ですが、早割サービスがあるお店が多いので、早めに発注すればお得に印刷することができます。

年賀状販売は、毎年11月初めから販売が開始されています。その頃から、TVコマーシャルを見たりして徐々に年賀状印刷について意識をするようになります。発売開始後すぐに年賀状印刷に取りかかる方は少ないです。年末になるにつれて年賀状印刷の意識も高くなってきますので、自然とお店も混み合います。

年賀状印刷の早割とは、このように年末の混雑を緩和するために生まれたサービスではないでしょうか。印刷代金が通常の60%引きというお店もあります。会社で送付する年賀状は枚数も多いですので、割引き率も必然と高くなります。また、会社のロゴを早割だと無料で入れてくれるお店もあります。

年賀状印刷は、年間のルーティーンワークとして意識に留めておくと効率的ですね。まだ世間の年賀状印刷の意識が低い早めのうちに対処すれば、忙しい年末に慌てずに済みますし、早割の効果で経費も少なくて済みますので、会社の年賀状を用意する人にとっても良いサービスなのではないでしょうか。

早割はお得

年賀状印刷を利用する時にお店を選ぶポイントのひとつに早割サービスがありますね。早い時期から年賀状の準備をすることで、お得に年賀状の印刷をすることができます。それに、自分で印刷しなくて済むので楽に行えます。

新年の挨拶にもらって嬉しい年賀状ですが、年賀状の準備はどうしていますか?自宅で、絵柄を作成して印刷をする方も多いですが、自宅で印刷するとインク代が気になります。さらに、きれいに印刷できるかどうか、印刷向きの違いなどによる印刷ミスも気になるところです。その点、プロにお願いすると仕上がりの満足度が高くなります。現在は、インターネットからお店に直接頼むことができるので、とても簡単に操作ができて仕上がりも中2~3日で済む場合が多いのです。

そのような年賀印刷ですが、早めがお得です。ほとんどのお店で早割サービスを実施しています。お店によって内容は違うものの、ほとんどの場合は早割の時期は10月上旬頃から11月下旬までの間に2~3段階に分けて行われています。サービス内容は、宛名印刷、ロゴ、レイアウト印刷を無料にしたり、そもそもの印刷代を期間に応じて割引いたりするものが多くあります。最大60%の早割が適応されるお店もあるので、これは便利なサービスとなっています。

来年の年賀状印刷は、早期サービスを利用してインターネットからプロに頼んでみませんか。きっと素敵な年賀状が出来上がるでしょう。

年賀印刷は早割

年始の挨拶として欠かせない年賀印刷をどうされていますか?印刷専門のお店にオーダーすると、インターネットでの受付ができて簡単ですよね。おまけに早割サービスで11月中なら、かなりお得な価格で年賀印刷ができます。この記事では、年賀印刷の早割について具体的に考えていきます。

自宅で年賀印刷をするのは、プリントアウトの煩わしさなどもありなかなか大変な作業です。件数が多いと尚更ですね。年賀はがきの印刷の向きを間違える心配もあるかもしれません。年賀状を早めに準備することでこの煩わしさから解放されます。早めに頼むと早割が適応され、印刷代金の正規料金から最大60%ほど割り引かれるお店もあります。他にも宛名印刷が無料になるサービスもありますので、早めの準備がお得です。

また、会社などから年賀状を送る場合にも同じことが言えます。12月中は年賀印刷も混んでしまい、希望する調整の対応が難しくなるレイアウト変更なども早割の時期なら、個別に対応してくれます。年末は何かと仕事も忙しくなり慌ただしくなる時期です。早割の効く時期に前もって仕事用の年賀状印刷を済ませておくこともいいかもしれません。年賀印刷の割引や宛名印刷、レイアウト対応も無料でできるのでお得ですね。

このように早めに年賀印刷を対応しておくことは、時間的、予算的な角度から見てもお得です。インターネットで簡単に申し込むことができますので、早めに準備を進めることも簡単にできるのではないでしょうか。この記事で、年賀状印刷ができる早割を利用してお得が感じられれば幸いです。